BIGLOBE SIMの評判・評価・口コミを集めました!

BIGLOBE SIM速度

BIGLOBE SIMの回線は、docomoのLTEという高速回線(375Mbps)を使用しています。通信速度については、利用する回線はdocomoが使っているものと同じ回線なので、安定した通信状態を保つことができます。大手キャリアであるドコモと同じ回線が安価に使えるというのは大手携帯3社や他のMVNOと比較しても、BIGLOBE SIMの強みとなりそうですね。MVNOや格安スマホは今後更に利用しやすくなって、ユーザーの期待に応えてくれることでしょう。

BIGLOBE SIMの72時間制限

MVNO・キャリアともにそうですが、全ての契約者が同等の通信環境で通信できるように、過度にデータ通信を使用したユーザーに対して、速度制限を行っていました。具体的には3日あたりの通信容量が、一定の限度を越えてもなお、アクセスし続けようとする利用者に対して、決められた200Kbpsという速度制限が課せられていたのですが、この忌まわしき72時間制限が廃止となりました。ということで、BIGLOBE SIMのSIMでは、映画を観たとしても、72時間制限の恐怖に怯える必要はもうありませんよ。3日制限廃止の恩恵は大きいです。

BIGLOBEの格安スマホの特色まとめ

BIGLOBE LTEとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。この格安SIMや格安スマホというのは、他社から乗り換えるとつき具期の支払いがとても安くなるというものです。月々の利用料金は900円という安さで、今、話題のサービスです。NTTドコモの回線を使っているのも一つの特徴となっていて、docomoの電話と同じ品質の通話が可能です。エンタメフリーといわれるサービスがBIGLOBE SIM特有のサービスとなっています。これはAmazon Music、Spotify、AbemaTV、YouTubeといった動画や音楽のストリーミングサービスで通信量を一切消費せずに使えるというもの!さてさて、BIGLOBE SIMのキャンペーンから評判までを網羅したので、少しお付き合い頂ければと思います。

docomo回線網のBIGLOBE LTE

人気のBIGLOBE LTEは、ドコモ回線を利用しています。ですから通話品質はドコモと同じで、対応エリアが広く、圏外も少ないので、安心して使えます。docomoのスマホならば、ほとんどの機種でBIGLOBE LTEに対応しています。それだけではなく、BIGLOBE LTEから販売されているSIMフリースマートフォンの購入でも利用することができるのでおすすめです。もし、ドコモのスマホを現在使用中であれば、BIGLOBE LTEではSIMカードだけを契約して使うことが出来、無駄に端末代金を支払う必要もないので嬉しいかぎりですね。あまり知られていないながらもドコモとの提携により格安でありながらも信頼できる安定した環境を誇るBIGLOBE LTE回線はお得です。

セット端末が豊富

BIGLOBE LTEで使用できるスマホを持っていない場合にはスマホ本体の購入も必要になります。この場合、セット販売のプランを申し込んでいただく事になりますが、気になる端末選びについては、BIGLOBE LTEの以外のMVNOと比べても,非常にたくさんの種類があります。タブレットも多く取り扱っているため、スマホでは小さい、、、!という人にもオススメです。

高速通信容量のくりこし対応してます。

データの通信量の上限は、各プランによって差異がありますが、使用量が少なく、かなり残ってしまう月もあると思います。そういった悩みにもBIGLOBE LTEであれば、使い切れなかった残りのデータ容量を、次の月へと持ち越すことが可能なのです。MVNOの中には、データの次月持越しに対応していないものもあるため、翌月繰越しが対応可能なBIGLOBE LTEは大変魅力的だといえます。格安スマホですが、余ったデータを無駄なく繰越せるサービスがあると嬉しいですね!

通話料金がお得になる、BIGLOBE電話

BIGLOBE LTEの「BIGLOBEでんわ」は通話料が半額になるお得なサービスです。IP電話とは違い、プレフィックス型通話サービスと言うサービスで、こちらの電話番号を相手側にちゃんと通知ができます。しかもこの番号通知には普段使っている携帯番号を使うことができます。つまり、相手からすると、いつもどおりの電話と変わりません。IP電話サービスですと、非通知発信が多いですし、相手方に050番がよく通知されますので、使い勝手の面では「プレフィックス型」に劣るのは否めません。この点、BIGLOBEでんわの先進性がご理解いただけると思います。キャリアと同じような、通話し放題も開始されました。

3分カケホーダイとは?

携帯会社の大手3社(docomo、au、Softbank)では、通話無料のかけ放題プランがありますが、多くのMVNOにはそのようなカケホーダイプランがないのが実情です。通話が多くて、格安スマホを諦めていたあなたに朗報です。今回、BIGLOBE LTEでは、月々650円ので国内通話が3分間、回数制限なしで無料になるという新サービスがはじまりました。このかけ放題サービスは一般的な電話回線を使うので、BIGLOBEでんわや通常の発信と同じく、発信者番号を通知してくれるので、通常の電話の発信機能を落とさず、3分以内の通話がかけ放題になるところがこのプランの一番の魅力です。BIGLOBEでんわの通話料が、1分約21円掛かる計算なので、目安としては、月1時間以上話す方にお勧めのですね。

650円で1,200円分が無料になる通話パック60

BIGLOBE SIMには、3分かけ放題の他にもうひとつ同じ料金で、通話パック60というオプションが用意されています。どちらも月々650円ですが、「通話パック60」では、なんと「無料通話1,200円」が付いてとっても得ですよ!3分以上通話する機会があまりない方には、3分かけ放題が断然おすすめですが、時には長電話をしてしまうという人には、通話パック60の方が絶対に使い勝手が良いです。上手に通話オプションを活用すると格安スマホがよりお得になりますよ♪

最初の1ヶ月は料金が無料

BIGLOBE LTEでSIMの新規契約をした場合、最初の1ヶ月はタダになります。最初の一月というのは、SIMカードやスマートフォンの本体が契約者の元に届いた月です。月初めにSIMカードが届いたら丸々1ヶ月分得をしてしまうってことですね。ただし、ご利用中の携帯電話会社の解約手数料や違約金との関係もあるので、SIMカードやスマートフォンの受け取りを、月初めにすることが一概にお得とは限りません。解約や乗り換えの時期は慎重にどうぞ。

BIGLOBE SIMの月額と解約について

BIGLOBE SIMの料金制度についての説明をします。現在の携帯電話代に比べて、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、読んで頂ければと思います。 BIGLOBE LTEのそれぞれの料金およびプランについて、初期費用も加えてご説明しますね。

BIGLOBE LTE料金・初期費用

BIGLOBE LTEの料金プランに関しては、SIMというのは音声用とデータ用と2種類あり、料金も異なります。070/080/090番号が使えるものには、 音声通話SIM適応されますので、大手キャリアの携帯電話と同じように使いたい人は、データ通信しかできないSIMを絶対に選ばないよう気をつけましょう。音声SIMの料金プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプランで1,600円、6GBプランで2,150円、12GBプランで3,400円、20GBプランで5,200円、30GBプランで7,450円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円です。

200Kbpsの低速通信のみが使い放題になるベーシックプランと、その他のプランは、DocomoのLTEとよばれている262.5Mbpsの高速回線が利用できるプランになっています。購入に必要なイニシャルコストはたったの3,240円。あと費用がかかるしたら、端末が必要な人に対してその端末代金になります。

BIGLOBE SIMの解約違約金

BIGLOBE SIMの解約縛りと違約金に関して、説明していきます。データ通信専用SIMを利用する場合は、最低利用期間は特に決まられていません。解約に要する費用は掛からない為、お好きな時に気兼ねなく解約できます。音声通話SIMに限っては、12ヶ月間は利用しないと解約手数料がかかります。12ヶ月が経つ前に解約を行なった場合は、解約手数料は8,000円かかりますので注意が必要です。キャリアと異なり、縛り期間が自動更新されず、最初の1年間さえ解約しなければ、その後はいつでも解約できるのはありがたいですね。

【間もなく終了】キャンペーン情報