楽天モバイルの詳細と評判はどう?

楽天モバイルの特徴

MVNOの一種である楽天モバイルでは、格安のSIMおよび格安スマホを提供しています。NTTドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアからの乗り換えであれば、毎月のスマホ使用料を節約できるサービスです。月々1,250円という低価格で利用出来る格安スマホサービスとして人気となっています。楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りているので、電波の入る範囲や通話の品質などドコモと同じなのです。さらに、楽天モバイルを使用している間は、楽天市場で買い物をするとポイントが2倍になるキャンペーンも行なっているのでとてもお得です。という背景から、楽天モバイルのすべてを網羅したつもりです。気を楽にして、読んで頂ければと思います。

docomo回線網を利用したMVNO

スマホサービスである楽天さんの楽天モバイル回線では、ドコモ回線を使用しています。つまり、通話品質はドコモとなんら変わりなく、通話可能エリアも広いので、安心して通話を楽しむことができます。端末はドコモのスマホならばたいていの機種がそのまま楽天モバイルの端末としてご利用できます。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。ドコモのスマホであることが条件ではありますがSIMカードを買いかえるだけで楽天モバイルと契約することができ、端末代もいらないので、とってもお安く乗り換えができます。通話品質もサービスエリアもあのドコモと変わらないのにこんなに安いなんて、ちょっと信じられないくらいお得なサービスです。

SIMフリースマホの機種が豊富で嬉しい

今あなたの使っているスマートフォンが、楽天モバイルに対応していない場合、楽天モバイルで使えるスマホを新規に買う必要があります。楽天モバイルでセット販売されている端末は、しかも他のMVNOと比べて豊富なラインナップの中から機種を選択できるのが特徴です。また、スマホだけでなくタブレットも豊富に取り揃えているため、お気に入りの端末を見つけることができるでしょう。楽天モバイルで全ての利用者にとても便利といえない点があるとすれば、楽天カードを持っていないと、端末本体を分割で購入できないということです。本体購入時に楽天カードを持っていらっしゃらない場合は、スマートフォン本体代金の支払い方法は一括払いしかありません。ただ、そんな楽天カードも簡単に作れるし、機種も豊富なので他のMVNOより楽天モバイルはずっといいMVNOだと思ってます。

データ容量の翌月繰越し

プランによってそれぞれ、データ容量は変わっていますが、月によっては、あまり通信しなかったために容量の使い残しが出ることもありがちです。楽天モバイルでは、余った分を捨てることなく翌月に繰り越すことができます。このようなデータ容量を翌月に持ち越すことができないMVNOも少なくなく、翌月に繰り越せる楽天モバイルはおすすめのMVNOです。格安スマホなんだからしょうがないってあきらめないで、こうしたお得な繰り越しサービスがあるってところ、見逃せないですね。

通話料金が半額!楽天でんわ

電話代を半額にしたいなら楽天でんわが良いです。IP電話と違い、このプレフィクス型電話サービスは、発信者番号が相手にきちんと通知されます。通話相手への番号通知にはいつも使っている携帯番号がそのまま使われます。相手側からみると、いつもの電話となにも変わりません。IP電話の多くは、非通知発信しか出来なかったり050番号が相手先に通知されたりと、少し不便に感じると思いますが、楽天でんわはそのようなことがないので使いやすいです。そして、楽天でんわかかる通話料は、通話した分だけの楽天ポイントが貯まるので、Wでお得になります!つい最近ですが、キャリア同様の通話し放題サービスが開始に。

5分カケホーダイとは?

大手携帯キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが通話し放題プランを提供することで顧客を集めようとしているのに対し、MVNOでは一部の業者しか通話し放題プランに対応していないのが現状です。月額料金が安いのは良いけど、通話料金が高そうで怖い。という方も、安心のサービスが開始されました。楽天モバイルでは、日本国内での通話なら、最初の5分間は通話料金がかからず、しかも回数は制限なしというサービスがオプションでつけられます。月々の負担は850円です。この5分かけ放題オプションはIP電話ではなく、通常の電話回線を使う為、通常の発信や楽天でんわど同じように、発信者番号通知に対応しているので、いつも電話をするコマンドや動作と何も変わらないので、難しい事はなく電話し放題になるとゆうメリットしかありません。通話し放題サービスはNifMoにもありますが、発信者番号を通知しないケースもあるようです。楽天でんわで通話した場合の料金は、1分21.6円ですので、おおよそ、1ヶ月の通話時間が1時間を越える方であれば、ぜひとも組み入れたいオプションでありましょう。

初月は無料!

楽天モバイルでSIMの新規契約をした場合、最初の一ヶ月に限り月額料金が無料となるサービスを受けられます。最初の一月というのは、SIMカードが届いた日の月のことです。到着日次第ではほぼ一ヶ月間無料にすることもできますね。ただし、今、使っているスマホの更新月によっては、解約手数料の支払いが発生する場合があるので、必ずしも月初に購入するのが良いというわけではありません。よく計算してみてくださいね。

通信速度

楽天モバイルでは、NTT docomoのLTE回線(225Mbps)を使用しています。通信速度に関しては、ドコモと同じ回線なので、速度の心配はいりませんね。より安い使用料でドコモ回線を利用できる点は、楽天モバイルの魅力的な特徴の一つです。将来的にMVNOや格安スマホはどんどん普及していきそうですね。

楽天モバイルの帯域制御

どのMVNOにおいても一緒ですが、誰もが同じように使用できるよう、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、通信速度を制限しています。直前の3日間に通信したデータの量が基準値よりも低くなり次第、制限措置は自動で終了します。この制限は、通常の使い方をしているならば、まずされないと思います。料金プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

楽天の格安SIMの月額と解約

楽天モバイルが現在ラインナップしている料金プラン等について紹介します。毎月自分のスマートフォンにかかる費用と比べながら、料金をどのていど低く抑えることができるか確認してみて下さい。どれぐらい節約できるのか、料金プランを見ていきましょう。

料金プラン・初期費用

楽天モバイルの月額費用は、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、通常通り携帯電話を使用したい場合には、音声通話付きSIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMを選ばないようにくれぐれもご注意くださいね。音声通話SIMの料金は、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円です。

データ専用SIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円です。

ベーシックプランとは、200Kbpsの低速通信のみの使い放題プランで、ベーシックプラン以外は、LTEという高速回線である225mbpsまでつかえるプランとなります。初期費用は3.240円ですが、端末も必要な場合はプラス端末代もかかります。

楽天モバイルの最低利用期間

楽天モバイルの解約縛りと解約手数料、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMについては、決まった利用期間はありません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。音声通話SIMをご利用の際には、最低でも12か月利用していただかなければなりません。もし都合により12ヶ月経たないうちに解約すると、違約金『9,800円』の請求を受けることになります。キャリアと異なる事柄として、縛り期間が自動更新されないという点があり、13ヶ月経てば、いつ解約してしまっても違約金が発生しないことはメリットですね。

【現在開催中のキャンペーン】