楽天モバイルの詳細と評判はどう?

楽天モバイルの特徴

MVNOの一種である楽天モバイルでは、格安のSIMおよび格安スマホを提供しています。NTTドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアからの乗り換えであれば、毎月のスマホ使用料を節約できるサービスです。月々1,250円という低価格で利用出来る格安スマホサービスとして人気となっています。楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りているので、電波の入る範囲や通話の品質などドコモと同じなのです。さらに、楽天モバイルを使用している間は、楽天市場で買い物をするとポイントが2倍になるキャンペーンも行なっているのでとてもお得です。という背景から、楽天モバイルのすべてを網羅したつもりです。気を楽にして、読んで頂ければと思います。

docomo回線網を利用したMVNO

スマホサービスである楽天さんの楽天モバイル回線では、ドコモ回線を使用しています。つまり、通話品質はドコモとなんら変わりなく、通話可能エリアも広いので、安心して通話を楽しむことができます。端末はドコモのスマホならばたいていの機種がそのまま楽天モバイルの端末としてご利用できます。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。ドコモのスマホであることが条件ではありますがSIMカードを買いかえるだけで楽天モバイルと契約することができ、端末代もいらないので、とってもお安く乗り換えができます。通話品質もサービスエリアもあのドコモと変わらないのにこんなに安いなんて、ちょっと信じられないくらいお得なサービスです。

SIMフリースマホの機種が豊富で嬉しい

今あなたの使っているスマートフォンが、楽天モバイルに対応していない場合、楽天モバイルで使えるスマホを新規に買う必要があります。楽天モバイルでセット販売されている端末は、しかも他のMVNOと比べて豊富なラインナップの中から機種を選択できるのが特徴です。また、スマホだけでなくタブレットも豊富に取り揃えているため、お気に入りの端末を見つけることができるでしょう。楽天モバイルで全ての利用者にとても便利といえない点があるとすれば、楽天カードを持っていないと、端末本体を分割で購入できないということです。本体購入時に楽天カードを持っていらっしゃらない場合は、スマートフォン本体代金の支払い方法は一括払いしかありません。ただ、そんな楽天カードも簡単に作れるし、機種も豊富なので他のMVNOより楽天モバイルはずっといいMVNOだと思ってます。

データ容量の翌月繰越し

プランによってそれぞれ、データ容量は変わっていますが、月によっては、あまり通信しなかったために容量の使い残しが出ることもありがちです。楽天モバイルでは、余った分を捨てることなく翌月に繰り越すことができます。このようなデータ容量を翌月に持ち越すことができないMVNOも少なくなく、翌月に繰り越せる楽天モバイルはおすすめのMVNOです。格安スマホなんだからしょうがないってあきらめないで、こうしたお得な繰り越しサービスがあるってところ、見逃せないですね。

通話料金が半額!楽天でんわ

電話代を半額にしたいなら楽天でんわが良いです。IP電話と違い、このプレフィクス型電話サービスは、発信者番号が相手にきちんと通知されます。通話相手への番号通知にはいつも使っている携帯番号がそのまま使われます。相手側からみると、いつもの電話となにも変わりません。IP電話の多くは、非通知発信しか出来なかったり050番号が相手先に通知されたりと、少し不便に感じると思いますが、楽天でんわはそのようなことがないので使いやすいです。そして、楽天でんわかかる通話料は、通話した分だけの楽天ポイントが貯まるので、Wでお得になります!つい最近ですが、キャリア同様の通話し放題サービスが開始に。

5分カケホーダイとは?

大手携帯キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが通話し放題プランを提供することで顧客を集めようとしているのに対し、MVNOでは一部の業者しか通話し放題プランに対応していないのが現状です。月額料金が安いのは良いけど、通話料金が高そうで怖い。という方も、安心のサービスが開始されました。楽天モバイルでは、日本国内での通話なら、最初の5分間は通話料金がかからず、しかも回数は制限なしというサービスがオプションでつけられます。月々の負担は850円です。この5分かけ放題オプションはIP電話ではなく、通常の電話回線を使う為、通常の発信や楽天でんわど同じように、発信者番号通知に対応しているので、いつも電話をするコマンドや動作と何も変わらないので、難しい事はなく電話し放題になるとゆうメリットしかありません。通話し放題サービスはNifMoにもありますが、発信者番号を通知しないケースもあるようです。楽天でんわで通話した場合の料金は、1分21.6円ですので、おおよそ、1ヶ月の通話時間が1時間を越える方であれば、ぜひとも組み入れたいオプションでありましょう。

初月は無料!

楽天モバイルでSIMの新規契約をした場合、最初の一ヶ月に限り月額料金が無料となるサービスを受けられます。最初の一月というのは、SIMカードが届いた日の月のことです。到着日次第ではほぼ一ヶ月間無料にすることもできますね。ただし、今、使っているスマホの更新月によっては、解約手数料の支払いが発生する場合があるので、必ずしも月初に購入するのが良いというわけではありません。よく計算してみてくださいね。

通信速度

楽天モバイルでは、NTT docomoのLTE回線(225Mbps)を使用しています。通信速度に関しては、ドコモと同じ回線なので、速度の心配はいりませんね。より安い使用料でドコモ回線を利用できる点は、楽天モバイルの魅力的な特徴の一つです。将来的にMVNOや格安スマホはどんどん普及していきそうですね。

楽天モバイルの帯域制御

どのMVNOにおいても一緒ですが、誰もが同じように使用できるよう、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、通信速度を制限しています。直前の3日間に通信したデータの量が基準値よりも低くなり次第、制限措置は自動で終了します。この制限は、通常の使い方をしているならば、まずされないと思います。料金プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

楽天の格安SIMの月額と解約

楽天モバイルが現在ラインナップしている料金プラン等について紹介します。毎月自分のスマートフォンにかかる費用と比べながら、料金をどのていど低く抑えることができるか確認してみて下さい。どれぐらい節約できるのか、料金プランを見ていきましょう。

料金プラン・初期費用

楽天モバイルの月額費用は、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、通常通り携帯電話を使用したい場合には、音声通話付きSIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMを選ばないようにくれぐれもご注意くださいね。音声通話SIMの料金は、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円です。

データ専用SIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円です。

ベーシックプランとは、200Kbpsの低速通信のみの使い放題プランで、ベーシックプラン以外は、LTEという高速回線である225mbpsまでつかえるプランとなります。初期費用は3.240円ですが、端末も必要な場合はプラス端末代もかかります。

楽天モバイルの最低利用期間

楽天モバイルの解約縛りと解約手数料、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMについては、決まった利用期間はありません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。音声通話SIMをご利用の際には、最低でも12か月利用していただかなければなりません。もし都合により12ヶ月経たないうちに解約すると、違約金『9,800円』の請求を受けることになります。キャリアと異なる事柄として、縛り期間が自動更新されないという点があり、13ヶ月経てば、いつ解約してしまっても違約金が発生しないことはメリットですね。

【現在開催中のキャンペーン】

mineoの詳細と評判はどう?

mineoのユニークポイント

MVNOの一つであるmineoは、AUとdocomoの回線を使用しながら格安スマホサービスを提供しています。キャリアからの乗り換えることで、毎月のスマホにかかるコストをカットできる魅力あるサービスです。mineoの格安スマホサービスは月々1,310円という驚きの安さ。この価格で使えるのはmineoだけ。人気が高いのもなるほどうなずけます。全国で初めてのマルチキャリアMVNOであるmineoは、docomoプランとAUプランがあるMVNOとして話題となっています。電波や通話の品質もdocomo、auとそれほど変わらないのであまり気になりません。という背景から、mineoがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。ぜひ、最後までお付き合い下さいませ。

docomoとAU回線網の格安SIM・格安スマホ

mineoはMVNOの1つで、auやdocomoと同じ回線を使ってサービスを提供しています。その音声通話の品質は、docomo・AUの品質と同等の高いもので、スマホを使用できる範囲も当然同じです。docomoとauのキャリア回線なので、この二つのキャリアに対応したスマホならそのまま使用できますので、場合によっては乗り換え時に買い換える必要がないでしょう。わざわざ高いお金を出してスマホを購入する必要はないので、その点も喜ばしいです。もちろん、新たにセット販売されている格安スマホを購入し利用することもできます。docomoやauを使っていた方には今まで同様の回線を安く使用することが可能になりますし、異なるキャリアのプランを選んだとしても、どちらも実績のある回線ですから、docomo回線とAU回線をご自身のお好みで選択していただけます。回線によって月額料金に差があるので、その点も含めて契約プランを検討してみることをお勧めします。

VoLTE(ボルテ)対応プランがある!

mineoではVoLTE対応のプランが用意されています。「VoLTE」は、従来の音声通話の音質を改善した、日本ではNTTドコモが2014年から提供を始めた新しいデータ通信技術です。今までの通話技術では、拾える周波数に限りがありました。300Hz~3.4kHzまでしか拾えなかったのです。しかしこのVoLTEでは、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになったのです。このことは、これまでとは比べ物にならないほどの、品質のよい通話が可能になったということを意味しています。これはmineoが選ばれる理由の一つになり得ます。

データ容量くりこしに対応している

モバイル通信サービスのmineoの場合、それに加えて使い切れなかった分のデータ量については、次の月へと繰り越せるようになっているため、月によってデータ使用量に変動があるユーザーも、通信料金を気にせず利用できる便利なシステムとなっていますね。

mineoスイッチでデータ量を節約

実はmineoスイッチというちょっと便利が機能がmineoにはありまして 、これを使用してデータの通信速度をいつでも低速または高速に切り替えられます。データ容量を無駄使いしたくない人にはかなり重宝する、便利な機能です。通信量節約のためにmineoスイッチアプリやWifiを組み合わせて使用することで、さらに安いプランでの契約で済みます。スマートフォンにかかるお金を削減する方法としては、非常に魅力的です。

mineoの回線速度

mineoの通信速度について見ていきたいと思います。docomoの回線を利用したプランは、225Mbpsの高速回線で、AプランではAU 4G LTEなので、225Mbpsの通信スピードになります。回線が混んでいる時は速度が落ちるということがよく言われていますが、キャリア回線の通信速度は安定しています。混雑時間帯でも信頼できる一定の高速通信速度をお求めの方は、キャリア契約が適しているといえます。ただ、格安スマートフォンには月々の使用料が大幅に抑えられるというメリットがあるので、コスト面を考えて比較すれば、とても満足度の高いサービスだと思います。

mineo AU回線プランにおける3日制限

MVNOすべてで共通ですが、契約者が公平で快適な通信が行えるように、過度なデータ通信を使用したユーザーに対しては、速度制限をしています。直近72時間のデータ通信に使用した容量に応じて、規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。3日あたりの通信容量がパックプランの容量未満になれば、通信速度制限は自動的に解除されます。よほど集中して熱心に使わないかぎり、この制限をうけることはほとんどないかと思います。mineoでは、各プランごとの規定値は決められておらず、Aプランは、各プランともに、直近3日で1GBが規定値に設定されているようです。

mineo Dプランにおける72時間制限0

mineoでdocomo回線を利用したプランは、直近3日間のデータ使用量が一定量を超えると、速度が遅くなる制限がありません。データ使用量が日によって大きく違う方は、au回線プランよりも、ドコモ回線プランの方が、直近3日間の制限を受けることなく利用できます。このような特徴も踏まえて、どのプランで契約するか比較を行うとよいでしょう。

mineo月額費用と解約

mineoの料金について、また通信スピードについて説明したいと思います。月々の携帯代と見比べながら、スマホの利用料金をできる限り削減するか、比べてみて、お得感を実感して下さい。これから、月額プランを見てみましょう。

mineoの月額プラン・初期費用

mineoの月額プランは、今話題の格安SIMは、大きく分けてデータ専用SIMと、音声通話可能SIMがあり、料金も異なります。音声通話SIMでは070/080/090番号を使って通話可能ですので、今までと同じような携帯電話として使う為には、音声通話可能なSIMを選ばなければいけません。通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

解約縛り

mineoの解約制限と解約違約金に関して、解説していきます。 mineoは利用期間などの制限を設けていないため、最低利用期間の縛りが無い=いつ解約しても解約違約金が掛からない。ということです。解約手数料の心配がなく、安心して始められるので、色々と試す事ができるので、MVNOにおいては強力な特色といえるでしょう。ただ、契約後1年以内で「MNP転出」をしようとする場合だけは12,420円のMNP転出手数料が必要となります。音声SIMを契約する際には気をつけておきましょう。

期間限定キャンペーン

DMMモバイルの詳細と評判はどう?

DMMモバイルの回線速度

あらゆるMVNOのうち、DMMモバイルは、225Mbpsのdocomo 4GLTE回線を使った格安スマホサービス。通話可能範囲や通信速度において非常に定評があり、安心して利用できます。また時間帯や混雑状況に左右されることなく安定した通信速度を維持し、いろいろなサイトの口コミやレビューを読むと、かなり良い評価を受けているのではないでしょうか。実際の通信速度が速くコストパフォーマンスの高いものを求めている方には、DMMモバイルは、おすすめなMVNOと言えるでしょう。

DMMモバイルにおける72時間制限

DMMモバイルは、低速通信環境で接続をしている場合、直近3日間に利用された通信量によっては、帯域制限の対象となり通信速度が制限されることがあります。通信速度に上限が設定されるのは低速通信の時だけで、高速通信の場合は対象外になります。全ての契約者が同等の通信環境で通信できるように、データ通信を多く利用した契約者には、速度制限が課せられます。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、あらかじめ定められた容量を超えて通信をした利用者に対しては、通信速度が規制されます。この速度制限は、直近の3日間のデータ使用量が決まった値を下回った場合、自動的に解除されます。普通に使用している分には、そうそう掛からない制限かと思います。

DMMモバイル格安スマホって?

MVNOの中でも人気が高いDMMモバイルは、テレビCMでも知られている、動画サイトのDMM.comが提供しているMVNOです。このDMMモバイルの最大の特徴は「格安SIM全プラン業界最安値水準」を最前面に打ち出しているところにあります。何よりもMVNOに料金の安さを求める方は、DMMモバイルこそおススメしたいと思います。また、値段の安さだけでなく、通信速度も安定していることもあり、快適にインターネットを利用する事が出来ます。早速、DMMモバイルの料金やデータ通信に関してまとめましたので、DMMモバイルのすべてがご理解頂けるかと思います。

docomoネットワークを使った格安SIM

動画ストリーミングサービスの老舗DMM.comのDMMモバイルでは、docomo回線を使用しています。従ってdocomoが提供する品質と同じ通話品質が得られますし、サービスエリアもdocomo同様に広範囲をカバーしておりつながり易さは期待できます。また、お使いのdocomoのスマホならそのままDMMモバイルで使用する事が出来ます。もちろん、DMMモバイルでSIMフリーのスマホと一緒にセットで揃えるプランもあります。docomoのスマホを持っているのであれば、SIMカード単体契約のみで今までどおり使えるので、高価な端末購入代金を支払う必要がないのは嬉しいことですね。ドコモの信頼度などはそのままで、広い範囲をカバーしている通話環境の理由からも安心です。しかもリーズナブルに利用できるという、とてもお得なサービスです

iPhoneが分割OK

DMMモバイルを使ってみたいと思う理由の一つには最新のiPhoneもセットで分割購入できることがあります。DMMモバイル以外のSIMフリーの端末は、外国製の安い端末を取り扱ってるところがほとんどで、iPhoneを扱っているというMVNOはほぼ皆無です。しかしDMMモバイルはiPhoneも取り扱っていて、最新のiPhone6も取り扱っています。MVNO事業者の中で、iPhoneの分割購入が可能な事業者を選ぶのであれば、必然的にDMMモバイルを選ぶことになるかと思います。MVNOで携帯を使いたいけど、海外製の安い端末では不安という方は、DMMモバイルが最も有効的な選択肢でしょう。しかし、DMMモバイルのiPhoneは、売り切れになっていれ場合も多いので、販売されていれば、早めに申し込むのが良いと思います。

データ通信量のくりこし

契約したプラン次第でデータ容量が異なりますが、どのプランを使っていたとしても、データ容量がどうしても残ってしまう事があります。しかし、こういった場合でもDMMモバイルであれば、残ったデータ量を次の月に移動して使うことができます。MVNOのなかには、月度内に消化できずに余ったデータ通信量の繰越サービスを採用していないところもあるので、翌月への持ち越しに対応している点は、DMMモバイルを利用するメリットであるでしょう。使用していないデータ容量を翌月に繰り越して使用出来、無駄なく使えるのは良いサービスだと思います。

即日MNPができる!

DMMモバイルをお勧めするポイントは即日MNPに対応しているところです。お申し込み時に、MNP転入方式を、「届出方式」にしていただくと、MNPの届け出をインターネットから行う事で、MNPの手続きが行えるようになっています。その途中段階で、携帯が使えなくなる事はありません。即日MNPを行うには、以前までは必ず店頭に行かなければなりませんでしたが、インターネットで即日MNPの手続きができるので、店頭まで行く必要がありません。MNPの空白期間を懸念して、格安スマートフォンに乗り換える事ができなかった方にとって、嬉しいサービスですね。MNP届け出方式の場合はSIMカードが到着したら、DMMモバイルの会員ページで回線切替ボタンを押せば手続きは完了です。今まで乗り換えは手間がとお考えの方もこの機会にご検討下さい。

ずっと10%還元、DMMポイントが毎月もらえる

DMMモバイルは契約してる間はずっと、毎月の利用金額に応じて、10%分のポイントが貯まる、節約家にもってこいのキャンペーンが開催されています。このポイント還元は、月々の基本料だけではなく、通話料やその他のオプション料金も対象範囲に入っているため、毎月ポイントが還元されるなんて他にはないとてもお得なキャンペーンになっています。DMMモバイルは業界最安値であるのに、10%のDMMポイントによる還元サービスもつくとなると、さらに割安感があるコストパフォーマンスが高いMVNOです。まずはDMMモバイルをチェック。あなたのスマホ代が大きく変わります。

バースト機能│さらに快適な低速通信

DMMモバイルには、独自機能として搭載されているバースと機能というものがあります。ただ「バースト機能」といっても何のことだか?ということもありますので少しだけ説明します。バースト機能は、低速通信中でも初めの1?3秒間は高速通信を行うことで、コンテンツの表示をスピードアップする働きをします。この機能があると、低速状態のときでもインターネットの新規ページが開きにくいというストレスがなく、待たされてイライラするといったこともなく、インターネットを気持ちよく利用することができるので、話題を集めています。しかし、現在のところバースの機能の恩恵を受けれれるのは、DMMモバイルとIIJmioのユーザーに限られています。

DMMモバイルの評価

DMMモバイルの魅力あるサービスとして、安い料金で、安定した速さでインターネットができるということです。携帯料金の安さ、そして通信速度の速さ、この両方を求める方にとっては、とてもおすすめなMVNOと言えそうです。口コミやレビューサイトの多くで高く評価されている点も、これら二つにあるようです。

安定した高速通信が嬉しい

DMMモバイルの評判でよく耳にするのが、速い実効速度で高速通信が安定して使えるということです。一月あたりの料金が安い上に実効速度も速いので、DMMモバイルの人気が高まっているようです。DMMポイントが10%還元されることも加味すると、金額面でもサービス面でも、かなり優秀で、最高の格安スマホではないでしょうか。DMMモバイルの格安スマホ!スマホデビューにオススメです!

DMM.comの格安SIMの料金と解約に関して

DMMモバイルの料金体系や通信速度について説明します。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、手掛かりとしてください。どれだけ安いのか、料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

月額費用

DMMモバイルの月額費用は、SIMはデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2つに分かれます。音声通話可能なSIMは今まで通りの070/080/090から始まる電話番号が使えるので、それまでと同じ、携帯電話としての使い方をするのなら、 音声通話SIMを選ばなければいけません。通話SIMの料金は、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,470円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,970円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,840円、10GBプランで2,950円、15GBプランで5,270円、20GBプランで6,790円となっています。

データSIMの料金プランは、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円となっています。

DMMモバイルの2年縛りは?

DMMモバイルの解約制限と違約金に関して、ご紹介していきます。DMMモバイルの場合、データSIMに関しては、最低利用期間の決まりはありません。解約手数料は無料なので、安心です。その一方で、通話SIMについては最低12ヵ月は利用することが契約条件となっています。もしも、12ヶ月以内に解約してしまうと、手数料として9,000円を徴収されることになります。キャリア会社のように利用期間毎に自動更新されないので、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

【DMMモバイルで開催中のキャンペーン】